レディ

中国にいてもwifiを使用できる|費用を押さえるコツ

無料サービスの充実

wifi

現地でも通信可能

中国旅行に行くときにはwifi環境についての情報収集が盛んに行われるようになりました。海外旅行に行くと現地でインターネットが使えるかどうかというのは切実な問題になります。予め旅行予定を十分に立てる必要があるか、ガイドブックなどを用意しなければならないか、ポケットwifiをレンタルしていくのが望ましいかといったことに大きく影響するからです。中国では現地でのwifi網が発達しているので中国の現地で提供されている無料wifiサービスを利用することに人気があるのが現状です。空港やホテルで無料で提供されているだけでなく、カフェやショッピングモールなどでも利用できることが多いことから、都会にいる限りはインターネット環境に困ることはあまりありません。世界的に見ると無料のwifiサービスが縮小する傾向がありますが、中国ではまだ広い地域で無料サービスが実施されています。だんだんと縮小する方向に進んでいってしまう可能性はあるため、旅行に行くときには最新情報を確認する必要はあるでしょう。しかし、現状としてそれほど心配はいらないという情報が流通していることから現地のサービスを利用する方針が選ばれています。ただ、都会を離れて移動する場合や移動中もインターネット通信をしたいという場合にはしばしばポケットwifiを手配していくこともあります。無料のサービスに比べて速いというのも優れている点として注目を浴びているのが現状です。

ライトユーザーは必見です

携帯

nuroモバイルのプランは、データ容量が1GB刻みで10GBまであるので、自分に合ったプランや料金を選びやすいのが最大の利点といえます。また、容量を使い切らずに余ったら翌月に繰り越せるのも魅力で、スマホ初心者やライトユーザーには最適の格安会社といえるでしょう。

入っておきたいオプション

ワイファイ

マカオにレンタルwifiを持っていくときには観光の目的に応じてオプションサービスも利用しましょう。カジノを楽しむなら盗難補償が重要になりますが、グルメやショッピングを楽しむなら電池パックも持っておくと安心です。

日本で契約する

wifi

タイに行く時は、日本でレンタルのwifiを契約しましょう。レンタルしたwifiは東京だけではなく、名古屋や関西、福岡などの空港で受け取ることができます。レンタル料金はデータ量が3Gのときは、1日当たり500円のことが多いです。